本サービスは、映画「おくりびと」の技術指導スタッフが創り上げた葬儀サービスです。

お知らせ

よくあるご質問

会社概要

おくりびとのロゴ

供花のご依頼

スタッフ

24時間365無料受付

スタッフへいつでもご相談ください

0120-288-725

供花のご依頼

簡単60秒!

無料

資料請求

0120-288-725

通話料無料・24時間365日対応

電話をかける

通話料無料・24時間365日対応

資料

資料請求簡単+無料で申し込み

最大13万円割引のお得な会員情報あり!

資料請求で最大1万円割引

電話をかける

24時間365日対応

電話相談

24時間365日対応

資料

資料請求

無料申し込み

ロゴ
おくりびとのお葬式

TOPページへ

お急ぎの方はこちら

葬儀プラン一覧

  • おくりびと火葬式

  • おくりびと一日葬

  • おくりびと二日葬

  • おくりびと直葬

会員制度

会員制度を確認

入会金1万円のみで最大13万円割引
お客様の声

お知らせ

2021.11.08

木村光希のインタビューが、掲載されました。 死者をおくる「おくりびと」としての納棺士の仕事と現在への想いが載せられています。 その他著名人によるインタビューや寄稿もあり、「死」を多方面から見ることで私たちの「生」に対する考え方の見直しが問われる、貴重な一冊となっております。 *** ──私たちは、よりよく死ねるだろうか? 死を問うことは、近現代が築いた社会を問い直すことでもあります。これまでいくつもの未来予測が描かれてきましたが、災害やパンデミックといった不可避の混乱に陥ったとき、どれだけ技術が進化しても生物に降りかかるものが「死」であり、多様な視点で文明を根底から見直す必要性に私たちは気づいたはずです。 いまや故人のデータはネットワーク上に残り、データ上で私たちは“死ねなくなる”ともいわれています。AIが過去の偉人をコピーしたり、バーチャル空間で死者と再会したりすることも可能な時代となりました。少子高齢化に伴い、住む土地への帰属意識や共同体が変化し、墓や葬儀のシステムも見直されてきています。そんな現代で、私たちは「死」とどう対峙していくのでしょうか。自分がいつか死ぬとき、大切な人が亡くなるとき、これからの時代では何が変化し、何が遺されるのでしょうか。 著者/編集: 塚田有那, 高橋ミレイ 出版社: ビー・エヌ・エヌ 発行形態: 単行本 ページ数: 352p